安心できる住まいづくり

安心できる住まいとは?周りの環境や防犯、部屋のコーディネートなど心配はいっぱいです。このサイトではそのヒントを紹介してます。

安心できる住まいづくり

シャチハタはなぜ不可?

役場や銀行に届出が必要な書類の多くは「シャチハタ不可」となっています。
実は、なぜシャチハタではいけないかというところに、明確な理由は定義づけられていないそうです。
しかしながら、多くの企業でシャチハタがNGとなっているのは、印字面がゴムであることも理由の一つとなっていることが多いようです。
また、昭和40年のシャチハタが販売された当初、なつ印陰影の滲みが大きく、使いにくかったという点も挙げられるようです。
(現在はそれらは改善され、滲みの少ないシャチハタが殆どです)
そして、そういった”本人認証はシャチハタ以外で”というルールは既に巷で反映しきっている為に、今更本人認証に「シャチハタ可」というルールを用いる機関も少ないのでしょう。
ただし、不動産など大きな取引の場合は必ず実印が必要になります。
登録印としては、シャチハタを使わないのが無難です。

売却の決め手になるのは売主の印象

一戸建てやマンションを売却するにあたっては、どうしたら買い手がついてくれるか、人ぞれぞれに思いを巡らせることでしょう。
不動産会社を選ぶところから始まって、売却価格の設定に頭を悩ませたり、なるべく購入当時に近い状態に戻すようクリーニング業者に依頼してハウスクリーニングを頼んだり。
不動産を売却するにはいろいろと工夫が必要です。
そのうえで、物件に興味を持って見学に来てくれる方が現れたら、気をつけたいことがひとつあります。
それは「売主の印象」。
せっかく商品が気に入っても、店員さんの印象が悪いと他で買おう、と思いますよね。
購入希望の方にお会いするときには、きちんとした身なりと対応を心がけたいものですね。

住まいを安心の空間にする為に出来る事

自分の住まいを安心できる空間にする事はとても大切な事です。自宅に居るにも関わらず、どこか心が休まる事がないという事態になってしまえば、どこで自分がリラックスする事が出来るのか分からないという事になってしまいます。

家の中にいる時まで、常に色々な部分に対して気をつかったり、不安に感じていたのでは、家族の中でもストレスを感じてしまう事になるでしょう。

住まいを安心の空間にする為には、まずは間取りが自分の理想に近い形であるか否かといった部分が問題でしょう。

狭くても自分の部屋がある事によって、プライバシーを守る事になり、安心感へと繋がって行く部分もあるでしょう。

立地に関しても、地盤などが強く、ある程度海高度などの高い所の方が色々な面で安心する事が出来るでしょう。

何が起こるかわからない世の中であるからこそ、出来る限りの事をしておく必要があります。

住んでいる地域の治安が悪い場合は、住まいを売って別の所に引っ越す事も視野に入れておきましょう。こういうケースだとネット上の見積りサイトが役立ちます。

 

不動産売却ナビはこちら

 

近所に親切な不動産屋さんがいるなら、相談してみると良い解決策を提案してくれます。